Non's murmuring

那須の雑木林に手芸作家と住む猫のひとりごと
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ひまわりの種

シジュウカラのくちばしから転がって溝に落ちたひまわりの種が芽を出しました。
ここら辺はまだまだ朝の冷え込みが厳しいと思っていたのですが、ひまわりも芽を出せる陽気になってきたのですね。
ひと冬に鳥達が食べるひまわりの種は500グラム入りの大袋が8袋、およそ4キロ。
いったいひまわり何本分だ!?
ちょっとは自分でヒマワリを咲かせて、小鳥のえさを確保しようかな。
でも雑木林の中でヒマワリの群生って言うのもおかしな風景かもしれない。
ひまわりが少し大きくなったら写真で育成状況をお知らせいたしますね。
ガーデニング | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

植物の耐寒性って

東京は桜が満開になりましたね。那須はまだまだ咲く気配はないです。
ようやく植物の若芽もぷっくりと出てきた気配です。
今年の冬はけっこう冷え込みました。耐寒性ありと言われた植物を片っ端から植えていきましたが、寒さに耐えきれずしおれちゃったものも相当数ありました。
で、学習したことですが、耐寒性ありという場合−5度くらいまでなら耐えてくれますが、−7℃にまで冷え込むとそうとう生き延びるのが苦しくなるみたいです。
期待の星、アーチに植えたトケイソウのカエルレアは消滅いたしました。−5度までは元気だったのに、、、、、。
そうするとバラは寒さに強いなと思いました。寒さで茎の色が黒っぽくなっていても、もう若芽をにょきにょき出してくれています。
グラウンドカバーに植えたヒメイワダレソウは枯れ葉のに埋まっていた所のみ生存。
クリーピングタイムはちゃんといきていてくれてました。
ガーデニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

冬のバラ

冬物の納品も一段落したので、そろそろバラの苗を庭に地植えさせる準備にはいりました。
家の周りはしっかりと砂利で固められているので,重機でバラを植える場所を掘ってもらいました。ツルバラを植えるため,かなり深く掘ってもらいましたが、土をふるって埋め戻しましたが,ほとんどゴロゴロした石なので,新たに黒土や腐葉土、赤玉土を調達して埋め戻しました。
もう12月も半ばだというのに,寒い中ユリイカがきれいに咲いてくれています。



ガーデニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

森の中の怪事件

今朝の情報番組で何とも奇怪な事件が報道されてた。
山梨の山菜直売所でその出来事は起こったそうだ。
買い物に来ていた人にこのキノコおいしいですよと男性が差し出し、それを家に持ってかえって食べた人が重体になったそうです。同様の事件が何件か起こったそうなのだ。
そのキノコはドクツルタケと言って真っ白な毒キノコで、比較的見分けやすい毒キノコなのだそうだ。山の人はむかしから白キノコはおっかないと言って手を出さないらしい。
このドクツルタケは世界三大毒キノコといわれて猛毒で、1本食べたら死に至るくらいの毒性があるらしい。テレビの映像を見てびっくり。
近所で一番見かけるキノコとそっくりではないか!!
ほんとうに真っ白で、暗いとこでもくっきりと浮かび上がるくらい気味の悪さ。
しかも群生と言っていいくらいたくさん生えてるし。





毒キノコかどうかはわからないけどこれは不思議な感じのキノコ


ガーデニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

庭先の毒草

那須は日に日に寒くなり、雑木林もすっかり秋モードです。
今年は栗やどんぐりが豊作で道ばたにゴロゴロ落ちています。
庭先に毒々しいヨウシュウヤマゴボウが出現!この植物けっこう危険だそうです。


他にも毒ウツギ、テングタケなど毒性の強い植物や茸がたくさん育っていてちょっとこわいです。
猛毒ではなくてもちょっと毒性があるという植物はとっても多く存在するようです。
ガーデニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ぐるぐる時計草

探していた時計草がやっと手に入りました。


いろいろ種類の中で耐寒性が一番強いタイプです。caeruleaという種類で一般的にカエルレアと呼ばれています。
NHKの趣味の園芸で紹介されたせいか、何処のお店でも売り切れで、千草園芸というお店でやっとみつけました。ネットで探している時にセルレアと書かれていたので売れていなかったのでしょう。celticをセルティックあるいはケルティックと呼ぶのと同じですね。
送られてきた時、行灯仕立てだったのでツルをほどくのに1時間以上かかってしまいました。

ガーデニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

バラと虫の日々

バラ栽培は難しいと色々なところで言われていますが、他の花に比べて特別に難しいということは無いように思えます。たしかにすぐ病気になるし虫が集まってくるけれど、即枯れてしまうようなことも無いようです。
今朝さっそくバラゾウムシというチビなカブトムシみたいな虫がバラの守護神(と私は思っている)蜘蛛くんの巣にひっかかっているのを発見しました。ざまーみさらせ!!
私のバラをサラダバーみたいにおかわりするんじゃないよ。

これはベト病にかかっているらしいユリイカという種類の黄バラ
綺麗だけど花持ちが良くないです。


これはアスピリンローズという最強健種
とても可憐なタイプ


これはフレンチレースという大輪で花付きがすごぶる良い。
香りもほのかに上品


これはバラ愛好家に人気ナンバーワンのピエールドロンサール
おフランスな名前がイヤミだけど、とってもおしゃれで綺麗なバラ
おまけに花持ちがとっても良くて一番な理由が分かりました。

ガーデニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

バラが咲きました

去年大苗で買ったバラが咲きました。
一番乗りで咲いたのはフレンチレースという種類です。





てっきりアイボリーの花が咲くと思っていたら、ピンクでした。
つぼみの時にかなり濃いピンクでちょっと心配していたのですが、花が開くと何とも言えないきれいな色でした。
花が開き切ると、灰色がかったとても上品なピンクになりました。
香りはかすかに香る程度の強さですが、りんごのようなフルーティーな香りです。
ガーデニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

それなりに充実した一日

今日は朝のしごとは芝生の水やりから始まりました。地止めのために植えた芝(野芝という種類)もちゃんと根を張ったみたいでほぼ一面グリーンです。今日のニュースで全国で水不足と言っていたので、そろそろ芝生の水やりは止めなきゃね。ご近所からひんしゅくを買ってしまう。
退屈な水やりの最中も森のキツツキさんが盛んにドラミングの音を立てたり、黒ツグミさんが持ち前の美声でヒットメドレーを聴かせてくれました。

今日はやっとカーテンのバランス(カーテンの上かけ飾り)作りをはじめました。
ほぼ出来上がったものの、カーテンの丈と上掛けのバランスはじつにむずかしいことに気がつきました。
バランスが取れていると、背がちっちゃくても全然そう見えない木村カエラちゃんのように見えるし、バランスが悪いと長州小力に近い、私になってしまうのである。


ガーデニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ああバラが。。。

育てているバラの一本が早くも病気に。。。
ユリイカという種類のバラの葉っぱがすぐ黄色くなってしまいます。
間違いなく病気にかかっているみたいです。おそらく黒点病だと思います。強健種だと書いてあったのに。でもその他のバラ、アスピリンローズ、フレンチレース、頂いたミニバラはとても元気に育っています。
つるバラのピエールロンサールは全然大きくならないでつぼみだけ付けちゃってます。
つるバラを育てるのって手間だけじゃなく、お金もかかりそうですよ。
つるを誘因させるトレリスとかフェンスとかアーチとか。
こまりましたねえ。
ガーデニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE