Non's murmuring

那須の雑木林に手芸作家と住む猫のひとりごと
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

アバタ似のたぬき猫

      
 去年の夏から我が家のメンバーになった猫姉妹の片割れのゾーイです。
ちょっと怖い顔しています。今はやりのアバタにそっくりなのですが、狸にも似ています。
トイプードルの凛太朗にヘビーな猫パンチをくらわせています。

犬と猫 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

あけましておめでとうございます

もうすぐ1歳です

もうすぐ一歳です。

今年は明るい出来事がいっぱいあるといいな。

犬と猫 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

三匹散歩に行く前

ちょっと大ぶりのトイプーの凛太朗はすっかり姉犬たちにとけ込んできました。っていうか無理矢理仲間になったというべきか?うえのゴールデンの小夏は始めは逃げ回っていたのですが、ついにあきらめて相手をするようになりました。凛太朗は小夏姉ちゃんがお気に入りでよく甘えています。この写真は朝、散歩前の寝起きの状態。狭いベットに犬三匹(と猫一匹と人間二人)。


犬と猫 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

初めてのお散歩

ちょと大ぶりのトイプードル犬「凛太朗」がやってきて2週間が過ぎました。パルボのワクチンを注射して食欲を無くした他は至って元気でやんちゃ坊主です。
やっぱ男の子だからですかねェ。
最初にうちのメンバーになったゴールデンが男の子だったのですがやんちゃな子犬でした。
彼に比べるとあきらめが早いですが。
のんちゃん(猫)を追っかけ回したり、小夏ちゃん(上のゴールデン)をかみかみして怒られたり、小雪ちゃん(下のゴールデン)とおもちゃの取り合いをしたりと大忙しです。



そして散歩デビュしました。
すごい勢いでお姉ちゃんたちに置いてかれないように走っていきます。



こんな感じで。



小夏姉ちゃんの下でちょっと一休み。

犬と猫 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

我が家の新メンバー(確定)


トイプードルの子犬を見学に行って10日がたちました。
ブリーダーさんに電話したところ離乳が完了したとのことだったので引き取りに行ってきました。
うちからブリーダーさんとこまでは車で1時間。
車の中では寝ていました。大物です。
そして晴れてうちの仔になりました。



名前も決まりました。


「凛太朗」です。

うちの子たちは全員名前は和名です。日本人(?)ですから。
さっそくあだ名もつきました。

「モジャオ君」

凛太朗は三人兄弟で生まれて最も大きな仔です。
ブリーダさん曰く「ちょっと大ぶり」。
将来はデカプーになるかも。

うちのお姉ちゃんたちはゴールデンリトリバーなのでデカプーのほうがバランスがとれそう。
猫ののんちゃんはちょとご機嫌ななめですが。
早く慣れてね。のんちゃん。マルオ
犬と猫 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

我が家の新メンバー(予定)

我が家には犬2頭と猫一匹がいます。年齢は順番に9歳、7歳、5歳です。一昨年にシュルティーが8年前にゴールデンが星になりました。そろそろ新しいメンバーが欲しくなってきました。
猫の”のん”のことを考えて今回は小型犬にしようと思いましてネットを検索。候補に挙がったのがプードルとキャバリアでした。プードルはこの家を建ててくれた社長さんのうちにいて、とってもいい子だったのでまず候補に。そしてかみさんが前から気になっていたキャバリアでした。検討した結果プードルに決定。まるおはキャバリアの口が苦手です。笑うと(?)口が裂けて見えるのは僕だけでしょうか?(キャバリア君ごめんね)
さらにネットでプードルについて調べてみました。プードルは大きさで分けるとスタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイに分かれます。のんちゃんのことを考えてトイプードルにします。トイプードルと言っても様々な大きさがあるらしく最近人気なのはティーカップと呼ばれる体重2kg以下のとっても小さなトイプードルのようです。でもそんなに小さいと他の犬に踏みつぶされそうなので普通のトイプードルにしました。そして昨日県南のブリーダーを訪れ子犬を見てきました。


この子です。ブリーダーさんが言うにはちょっと大きめ。骨格がしっかりしていて手足もまっすぐ短くなく良いバランス。目は小さめですが「かわいい」です。一発でやられちゃいました。新メンバー決定です。まだ離乳が始まったばかりの生後30日なのでつれては帰れませんがもうすぐ家族の一員になる予定です。まるお
犬と猫 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

にゃんこ見つかりました

いなくなっていた近所の猫が捕獲されました!
なぜ捕獲と言ったかというと、仕掛けられた捕獲器にはいったからなのです。
飼い主さんが東京の迷い猫ハンターから捕獲器を借りて仕掛けたそうです。
いなくなったところから500m離れた場所でした。
3日ほど前に回覧板で熊出没注意という情報が廻ってきて、道路には熊出没注意という立て看板が設置されたので気がきじゃありませんでした。
そんな田舎なので、おかげさまで流れ星はくっきり見えましたよ。
めでたしめでたし
犬と猫 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

迷い猫

ご近所の猫が家出をして帰ってこないと、そこのお家の方が半泣きで探しまわっておられます。
家から出たことが無いそうで、とても心配です。外に出てパニックになってしまったのかな。         
ここは車にひかれる心配は無いのですが、大きな鳥や蛇などがいるのでそちらが心配です。
別荘の方で、どうしてもウイークデイは都内にいなければならないようで鳴きながら帰っていかれました。
知らない猫を捕まえることは至難の業ですが、なんとか別荘の周りにとどまっていることを願って、ケージとキャットフードを置いておきました。夜になっていってみると、キャットフードが半分食べられていました。その猫ちゃんが食べたのなら良いけど。ここはタヌキも住んでいるからどうかしら。
私に出来ることはほんとに限られてるけど、なんとか猫ちゃんが安心して別荘の周りにとどまれるようにしようと思います。
犬と猫 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

のんちゃんモテるの巻き

最近わが家の周りがにゃーにゃーうるさい。
原因はのんちゃんである。
のんちゃん目当てに近所のおす猫たちがつどってきているのです。
遊びにくるのは勝手だけど、夜中ににゃーにゃーと名古屋弁は勘弁しておくれ。
残念ながらいずれの猫もブサイク。
ま、のんちゃんはかわいい顔だけど、色はこげパンなので贅沢は言えませんが。。。




犬と猫 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

がんばったね、ろくべえ

昨日の朝、ろくべえはスポイドから水をあげても舌を動かさなくなりました。
しばらく手足をひくひく動かした後、静かに眠っていました。
今までのろくべえとは明らかにちがっています。
ろくべえにはあと数時間しか残されていないように思えました。
でもその直後、東京の父から母が昨日お風呂で倒れて救急車で運ばれたという連絡がはいりました。
肺がんの脳転移でγナイフの治療を受けて2週間ほどだったのでこちらもとても気がかりでした。
選択の許されないこの状況。娘として当然病院へ行かなくてはなりません。
ろくべえの生きている姿をもう見ることはできないかもしれない。
ろくべえを抱きしめて何度もごめんねといいました。

夜東京から帰ると、だんなさんがろくべえが死んだことを静かにわたしにいいました。
ほんとに安らかな寝顔でした。
だんなさんが帰ったとき、ろくべえはまだ生きていたそうです。
でも帰ってから10分後、ろくべえは静かに息を引き取ったそうです。
それを聞いて、本当に救われた気持ちになりました。
ろくべえはひとりぼっちで死んだんじゃなかった。
ちゃんと家族が帰ってくるのを待っていたんだね。
ろくべえがんばったね、えらかったね。
瀕死のろくべえをおいていったおかあさんをゆるしてくれたんだね。
13年間ありがとう。
うちにきてからも放浪癖が抜けなくて何回も家出したよね、青くなりながら探したんだよ。
火曜日にうちの前を通る焼き芋屋さんと仲良くなっていつもただでもらっていたよね。
近所のおじいさんにおせんべいを一袋もらってたよね、お母さんは知ってたよ。
甲状腺がんの治療で大学病院に半年がんばってかよったこともあったね。毎回1時間半の点滴も文句もいわず、ちゃんと受けてたよね。研修医の先生にいつもほめられていたね。
なぜかあなたの名前はいろんな人に知れ渡ってたよね。家の前を通る小学生からお年寄りまで
ろくべえ、ろくべえと名前を呼んでかわいがってくれた。

神様が一つだけ教えてくれるのなら、13年前なぜろくべえが捨てられたか、どんな理由でルンペンをやっていたのか。こんなに年月が経っているのにいまだに知りたいと思う。
こんないい子を手放すなんて。
でもその恩恵にわたしは授かったのだけど。
ろくべえ、わたしのところにやってきて、大切な時間を一緒に過ごしてくれてありがとう。

犬と猫 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE