Non's murmuring

那須の雑木林に手芸作家と住む猫のひとりごと
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ひまわりの種 | main | 我が家の新メンバー(予定) >>

久しぶりだよマルオです

しばしの間休眠しておりました。マルオです。新居(1年以上たったのでふさわしくない呼び方)は快適の一言です。さてここらで話のテーマを追加したいと思います。最近マルオのオーディオ熱が30年ぶりにぶり返しました。
その前に家の話。神奈川の家が築10年を迎えましてメインテナンスを受けました。


こんな感じの家。屋根と外壁にペンキを塗りました。色がちょっとハデ目になってしまいました。はやく汚れないかな。

この家には昔組んだオーディオシステムがあるのですが最近はとんとご無沙汰でしたが、これをきっかけに(?)古いオーディオアンプを引っ張りだしてみたところなんとか音は出るのですが変な音でした。


これがそのひとつ。パワーアンプです。高校生のときに組み立てたキットです。今も健在のLuxというオーディオメーカー製のKMQ60という形式ですが、大学生のときいじくりまわして電源トランスを追加したり位相反転の球を換えたりしてます。中を開けてみるとボリュームが接触不良で真空管も1本不良でした。


交換した真空管です。このての電圧増幅管は当時1本千円くらいでしたが最近は五千円近くするようになっているようです。それでもまだ手に入るのですから驚きです。製造はとっくに終了していてどっかの倉庫に眠っていたのが細々と流通しているんだそうです。もっとも最近の真空管アンプのリバイバルで中国やロシアで新しく製造させているようですが。
ということで古いアンプを修理して聴いてみるとすごく良い音がするようになってしまいました。最初は少し硬い音だったのですが、スピーカーが動くようになった(正確にはスピーカーのダンパーやエッジが)のか思わずにんまりしてしまいそうな(実際にんまりしてたかも)魅力的な音楽を奏でるようになりました。そんなわけでオーディオ熱は再燃しはじめたのです。
オーディオ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE