Non's murmuring

那須の雑木林に手芸作家と住む猫のひとりごと
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 我が家の新メンバー(予定) | main | 我が家の新メンバー(確定) >>

アンプ修理

まるおは今日神奈川に来ています。久しぶりに時間が取れたのでステレオアンプの修理の続きをしました。先日修理したのがパワーアンプ(スピーカーを駆動するための電力を増幅するアンプ)ですが、今日はコントロールアンプ(LPレコードの針からでた微細な信号を増幅してCDのレベルに合わせたあとヴォリュームコントロールするアンプ)の修理です。出来上がったところ。


なにしろ大学生のときに造ったので、かなり汚れています。シャシの穴あけから造った自作品です。元になった回路は当時憧れだったMrantzという会社のアンプでこれをおよそコピーしたものです。30年以上たっているのでコンデンサーが寿命を迎えているのでほぼ全取っ替えしました。


これが取り外されたコンデンサーたち。容量が激減したり絶縁性能が低下したものたちです。


アンプの裏側からみたところ。雑然としていて素人配線ですね。でも結構音はいいです。ちょっとスリリングな彫りの深い張った音。当時は他にMcIntoshやQuadの回路をコピーしたものもつくってみましたがMarantzが最も気に入っていました。

でも、いまは歳をとったせいかゆったりとした音に惹かれ、オークションで手に入れたアンプを使っています。安斉勝太郎さんが設計したものでちょっとノイズは多めという欠点がありますが音はとても自然で生々しく特に声は素晴らしいです。修理の完了したアンプを久しぶりに聴いてみると色気のある緊張感のある音で新鮮ですが、レコードによってははっきりしすぎてちょっと疲れるかな。こっちのアンプは聴き始めはハッとさせられたりしませんが次第に引き込まれていくタイプの音です。あまり有名ではないのでオークションでもお安く(かみさん的には?)手に入れることができました。
オーディオ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
この記事に対するトラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
MOBILE
qrcode
PROFILE